珪藻土と無垢で建てる子育て充実の自然素材の家-新井建設 工務店-八王子

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市 のブログトップページへ戻る

「木材は呼吸をしている」

一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。
無垢材はフローリングになっても無垢材本来の効果が失われることはありません。

今回は木材の調湿機能についてご紹介します。

こんにちは。
八王子市で自然素材を使った気持ち良い注文住宅の設計、
施工に専念している新井建設、代表の新井与四和(あらいよしわ) です。




・調湿機能

空気中の余分な湿度を吸ったり、乾燥した状態においては
湿度を調節する天然の湿度調節機能が備わっています。
湿度が高いとじめじめしますし、空気が乾燥するとお肌にも悪いですよね。

湿度が一定に保つため、
夏には涼しく感じますし、冬は部屋の湿度が高くなるため、温かく感じることができます。

湿度はご自分で調整されようと思うとなかなか大変ですよね。
しかし、無垢フローリングを使うことで、一年中快適に過ごすことができます。


・結露が生じにくい

湿度が一定に保たれることで、快適に過ごせるだけでなく、
結露が生じにくいというメリットもあります。
結露が生じるとカビが発生したり、ダニが繁殖したりします。

カビやダニは病気の原因にもなりますから、
特に抵抗の弱いお年寄りや小さいお子さんのいる家庭では
発生しないように気をつけたいですね。

自分で注意していても湿度が高いと、ちょっとしたことで
カビが繁殖してしまいますが、逆に言えば湿度を低く
保っておけば、それだけでカビの発生を抑えられるんです。


いかがでしたか。
湿度が一定に保たれるうえにカビが発生しにくいなんて嬉しいですよね。
この記事で無垢フローリングに興味をもってくだされば幸いです。
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ LINE@