珪藻土と無垢で建てる子育て充実の自然素材の家-新井建設 工務店-八王子

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市 の トップページへ戻る

専門家が欲しがる「いい家」とは

「いい家」とは、どんな家でしょうか?
デザイン性が高いとか、地震に強いとか、断熱性に優れているとか、オール4寸の総ヒノキ造りとか、有名メーカーのブランド住宅だとか・・・
「いい家」に対する価値観というのは、人それぞれ違うと思います。

大手ハウスメーカーに頼めば、テレビCMや新聞広告、雑誌掲載料などの宣伝広告費、全国にある住宅展示場の建築費と維持費が掛かっている分、地域の工務店に頼むよりも30%くらい高くなりますが、それはブランド料と言えるかもしれません。また、建築家に頼めば設計デザイン料として10%くらい高くなると思います。

では、私たちが考える「いい家」とは?
それは一言でいうと、「気持ちよく暮らすことができる家」です。
具体的には

無垢のフローリング です。

無垢の木は縮む、反る、割れる、という特徴があります。だから建材メーカーは合板を使って見栄えの良い、伸び縮みが少ない、ツルツルした傷に強い塗装のフローリング開発し、今では合板フローリングがスタンダードとなっています。
それでも私は無垢フローリング、しかもツルツル塗装のしていない物をお勧めします。

その理由をこれからお話します。



無垢のフローリングの良さ

小さい子供は裸足になるのが好きですよね。無垢の床板に潤いを与える
ツルッとした表面のフロアよりも
木肌の床を思いっきり歩きまわる事で、足裏の触覚が発達する・・・
そんな暮らしの方が気持ち良くて好きだからです。

また、「木は呼吸する」と聞いたことがありますか?
無垢のフローリングは、湿気を吸ったり吐いたりしています。
この働きが室内の湿気調節に役立ちます。
表面にツルツル塗装をしてしまうと木は呼吸ができませんので、湿気を調節したり、空気を浄化したりは
できなくなるのです。
もちろん、ツルツル塗装をした部分からは木の香りもしません。

木の香りと、サラッとした空気感に癒されると思うので無垢の木をおススメしています。

ところで、無垢のフローリングは塗装しないままでよいのでしょうか?

木肌表面の保護と汚れ防止の目的で、天然成分の蜜蝋ワックスや自然オイルを塗ってから使用します。
この塗布作業も簡単なので、ご家族みんなでワイワイ行なうことをおススメします。

家族でオイル塗装風景
子どもにもあんしんな素材でお手伝い


少し着色したいという方には、天然顔料を混ぜたオイルがありますのでお好きなテイストに仕上げることができます。
アジアンテイストの床と古民家風の家



土と布、そして紙

現代の住宅で最も一般的な内装は、ビニールクロスですね。
ビニールクロスは、安い・簡単・模様が豊富というメリットがあります。
しかも汚れたり、飽きたら張り替えが容易なので
施工者にとってもありがたい物です。

しかし、ビニールクロスは呼吸をしません。木のように湿気を調節はしません。
優れた印刷技術により色柄は本当にたくさん選べます。

ところで、家を「くつろぎの空間」にしたい人は多いと思いますが、あなたはどうですか?

さあ、「健康的で気持ちの良い理想的な部屋」をイメージしてください。

そこには印刷されたビニールと合板に囲まれた空間が広がっていますか?

新井建設は、目に留まり、肌で感じる内装には自然素材である木や漆喰・珪藻土、布や紙の壁紙を使うと、気持ちの良い「空気」と「雰囲気」をできると考えています。



自然素材の家を、もっと身近に

でも、自然素材は高くて手が出ない、とお考えではありませんか?自然素材の家

ご安心ください!そんなことはありません。

合板フローリングやビニールクロスだってタダではありませんね。

家全体を無垢フローリングと漆喰塗りで仕上げるとすれば、100万円単位の差額が必要となるでしょう。


でも、リビングだけ無垢フローリングとか、健康を考えて子供部屋だけ塗り壁にする、という事であれば少しの差額で可能です。


自然素材はメンテナスが大変、というウソ

無垢フローリングや塗り壁という自然素材には、工業製品とは違った特徴があるので、それを理解していれば、メンテナンスが大変という心配はありません。

それなのに、ハウスメーカーや一般の工務店で、「自然素材は高くて、メンテナンスが大変ですよ」と言われた人がたくさんいます。

どうしてハウスメーカーはお客様に自然素材をあきらめさせようとするのでしょう?
それは、「素材の呼吸」による反りや割れ、自然の持つ柔らかみ、という自然素材の特徴を上手く説明できず、クレームになるのが面倒というのが本音です。




こうすれば気持ちのいい家が手にはいる!

何事もこだわり出すとキリがありませんね。

「自然素材の家」というからには内装はオール自然素材で、外壁も漆喰塗り壁にしたい。断熱材も天然素材はどうだろう・・・

オール自然素材の家は現実的でないとしたら、リビングだけとか、子供部屋だけという部分的に自然素材を採用することを考えてみてください。

たとえば、
注文住宅は、仕立て屋さんでオーダースーツを作るのと似ています。
体の寸法を細かく測って、生地を選んで、型紙を作って、仮縫いを着てみて、縫製して、完成です。自分のためだけの1着を手に入れられます。

では、スーツにイージーオーダーがあるように住宅にも完全オーダー品と既製品の中間の形態があれば、お手頃価格で気持ちのいい家を手にできるのではないか?

そこで新井建設では「企画型注文住宅」、つまりハーフオーダー住宅「キューブ」シリーズをご提案しています。


ハーフオーダー住宅「キューブ」ハーフオーダー住宅「キューブ」

外観はシンプルに、内装には無垢フローリングや布クロス、塗り壁を採用。
一番お手頃なスタンダードグレードなら35坪で、1690万円代で建ちます。
住宅ローンなら月々約53,000円(※1)の返済です。
その金額には、家具、カーテン、エアコン以外は全て含まれています。
 ※1:自己資金100万円、金利2.0%固定、35年返済、ボーナス返済なし


想い出がいっぱいの家

憧れの「温かみのある無垢のフローリング」は、素足が気持ちいい!
でも合板フローリングに比べると柔らかい分、キズが付きやすい。
付いてしまったキズを「家族の想い出」ととらえれば残念な感じはしないものです。

合板フローリングの場合、チョットしたキズも目立つし、補修材を使って直すことになりますが、無垢板の場合は霧吹きとアイロンで治るキズも多いのです。
さらに、表面を削ることもできるのも無垢のならではですね。

新井建設では、珪藻土を使うことが多いのですが、「湿度の調節機能が優れている」というメリットに加え、「家族で塗り壁ができる」という部分を大切に考えています。

お金を出せば、一流の職人さんが上手に作ってくれる訳ですが、家族みんなでワイワイ塗った想い出は、まさにPricelessだと思います。
一生に一度の家ですから、語り継げる想い出もたくさん散りばめた家づくりをお手伝いしたいのです。



資料をご請求ください

新井建設は、自然素材を使って気持ちいい家をご提供したいと考えています。
しかし、営業は苦手ですし、しつこい営業はしたくないと考えています。
資料をご請求頂いても、訪問営業するということは一切しておりません。

実際に少人数のため、電話も訪問も出来ないのです。

新井建設の家づくりに興味を持って頂ける方は、無料で差し上げられる資料をご用意していますので、
気軽にご請求ください。



新井建設の家づくり資料はこちらからお申込みいただけます↓↓↓
資料請求

お問合せ 資料請求