珪藻土と無垢で建てる子育て充実の自然素材の家-新井建設 工務店-八王子

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市 のブログトップページへ戻る

こんにちは。

自然素材を使って気持ち良く暮らす家を提案している八王子市新井建設、代表の新井です。


前回の記事では自然素材の家のメリットをご紹介しました。

シックハウス症候群を予防するだけでなく、高い断熱効果・調湿効果を誇るのが自然素材の大きな魅力です。

また、経年変化により異なる雰囲気を楽しめるのもうれしいですよね。


では、どのような素材が実際には使用されているのでしょうか?

今回は代表的な自然素材をご紹介していきます!



無垢材
自然素材というと無垢材をイメージする方も多いのではないでしょうか?

無垢材とは天然の木材のことで、その美しさや風合いが人気の自然素材です。

主にフローリングや建材として用いられます。

また樹種によって防虫、耐久性が高いという特徴もあります。


珪藻土(けいそうど)
藻類の一種である珪藻(けいそう)が海底に積もり、化石化したものを珪藻土と言います。

珪藻は植物プランクトンの一種で、その化石である珪藻土はまさに自然が生み出した鉱物といえます。

無数の穴が空いており、耐火性、吸水性、消臭性、保湿性などに優れているのが特徴で、住宅では主に壁材として用いられています。


コルク材
ワインの栓としてよく用いられるコルク材ですが、実は立派な自然素材の一つです。

再生資源として利用でき、床タイルや壁、天井材としても使用されています。

水分に強いので、トイレや洗面室の床材として利用することも多いです。


いかがでしたか?

今回は自然素材の家で利用される代表的な素材をご紹介しました。

次回は自然素材の住宅にかかる費用についてお話ししていきます!


理想の家を手に入れたい方へ


これから間取りを考えようとしている方へアドバイスいたします。
お問い合わせください。
お問合わせはこちら

住宅一筋25年の一級建築士に無料で相談できます
建て替え、分譲購入、リフォーム・・・住まいのことなら
まずLINE登録をしてください
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ LINE@

こんにちは。

自然素材を使って気持ち良く暮らす家を提案している八王子市新井建設、代表の新井です。



前回の記事同様、自然素材の住宅を特集していきます。

前回は「自然素材の家」の定義をお話ししました。

様々な定義がある「自然素材の家」ですが一般的には化学物質不使用の住宅という意味合いがあります。

今回は自然素材を生かした住宅の魅力をお話しします!


有害物質を出さない
「自然素材の住宅」の注目度が高まったのは、シックハウス症候群が社会問題として取り上げられて以降です。

シックハウス症候群は、住宅に使われている化学物質が、有害な物質を出すことで引き起こされます。

しかし、自然素材住宅では化学物質の使用を極力抑えています。

そのため、シックハウス症候群のリスクを大きく減らすことができ、健康な生活を手助けします。

この点が自然素材の大きなメリットと言えるでしょう。


断熱・調湿効果
代表的な自然素材である無垢材や自然クロスにはそれぞれ断熱・調湿効果があります。

もちろん専用の断熱材ほどの効果はありませんが、
鉄やコンクリートなどの建築素材よりも高い断熱性能を誇っています。

さらに、調湿効果を兼ね備えているのも自然素材の大きな強みです。

高温多湿な気候の日本では、調湿効果に優れた自然素材を賢く利用することで快適な住宅を実現します。


いかがでしたか?

今回は自然素材を活用した住宅のメリットをご紹介しました。

健康的で断熱・調湿効果に優れている自然素材を生かした住宅、それが自然素材の家です。

次回は代表的な自然素材をご紹介しますね



理想の家を手に入れたい方へ


これから間取りを考えようとしている方へアドバイスいたします。
お問い合わせください。
お問合わせはこちら

住宅一筋25年の一級建築士に無料で相談できます
建て替え、分譲購入、リフォーム・・・住まいのことなら
まずLINE登録をしてください
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ LINE@

こんにちは。

自然素材を使って気持ち良く暮らす家を提案している八王子市新井建設、代表の新井です。

「自然素材を使った家を建てたい」

「子供のアレルギーやアトピーに優しい家にしたい」



この様に、注文建築を建てる際に健康を意識した家づくりを目指している方は多いと思います。

特に小さな子供がいる家庭では、子供が健康に暮らせる住宅を希望する人が多いと思います。

そんな方々にぜひ知ってもらいたいのが「自然素材で建てる家」です。

そこで今回からは自然素材の家についてお話ししていきます!



そもそも、自然素材の家とは?

自然素材の家とはどのようなものなのでしょうか?
「木材をたくさん使っている」
「無垢材を使用している」
「伝統的な工法を用いている」

など様々なイメージがあると思います。
実は建築の専門家でさえも「自然素材の家」の定義をはっきり持っている方は少ないのです。

これは「自然」という言葉の意味そのものがあいまいだからでしょう。


化学物質を含んでいない
この様な様々なイメージがある自然素材の家ですが、一般的には化学物質を含んでいない住宅を指します。

化学物質の代表的な素材には塩化ビニールやビニールクロス、合板フローリングがあり、
シックハウス症候群を引き起こす原因物質が含まれているとされています。

そのため、そのような化学物質を使用しない自然素材の家は健康に良いとされています。


いかがでしたか?
今回は自然素材の家の定義を簡単にお話ししました。

次回は自然素材を利用している住宅の魅力をお伝えします!
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ LINE@