珪藻土と無垢で建てる子育て充実の自然素材の家-新井建設 工務店-八王子

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市 のブログトップページへ戻る

現代の住宅の内壁の多くは、ビニールクロス壁紙が使用されていますよね。
ビニールクロスが使用されている理由は、お手軽にでき、値段も安いからです。

こんにちは。八王子市で自然素材を使った気持ち良い
注文住宅の設計、施工に専念する新井建設、代表の新井与四和(あらいよしわ) です。



そのような理由から、ビニールクロスを使う住宅が増えているわけですが、
最近では昔の漆喰壁も再評価され、採用される家も増えています。

それは本格的な和風でない洋風な家でも、
その内壁に漆喰壁を使うことが多くなったからです。

漆喰壁が流行っている理由は、
流行が一回りしただけと考える人も多いのですが、

日本の気候を考慮したり、日本人が持っている住宅に関する美学の中には、
日本で培ってきた住宅や素材を好むという傾向があるのかもしれません。

では、漆喰壁の特徴はどのようなものでしょうか。

まず、塗ってから時間をかけて硬くなるのが特徴の1つです。

しばらく時間がかかるため、面倒な作業ですが、
逆にそれのほうが味があっていいという人も少なく無いのです。

また、漆喰の壁には防水性や不燃性があります。
石灰やセメントで固めた物ですので、コンクリートに近いものがあります。
燃えることもありませんし、水を吸い込むこともありません。

さらに、強アルカリ性のためカビに強いのが特徴と言えます。

このように、いくつかの特徴を備えた漆喰壁ですが、
左官職人さんが塗って仕上げるため、
ビニールクロスと比較すると施工費用が割高になる傾向があります。

実際には家全体を漆喰にすると考えずに
家族が集う場所や落ち着いた雰囲気を作りたい場所だけに
漆喰を使うなどのメリハリがおススメです。
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ 資料請求
漆喰壁の特徴に関連するページ