珪藻土と無垢で建てる子育て充実の自然素材の家-新井建設 工務店-八王子

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市 のブログトップページへ戻る

「無垢フローリングにしたいけど、種類がいっぱいあってよく分からない。何を選んだら良いのだろう?」

今回は日本を代表する針葉樹である「杉」の魅力についてご紹介します。

こんにちは。
八王子市で自然素材を使った気持ち良い注文住宅の設計、
施工に専念している新井建設、代表の新井与四和(あらいよしわ) です。

杉の床板を使ったリビング
写真は羽村市で杉の床板を使ったお家の施工例です

・踏み心地

杉はなんといっても柔らかいです。
足の衝撃を吸収してくれますので、足腰に負担がかかりにくいですし、
裸足で歩いた時の歩きやすさが違います。

実際に歩いてみると分かるのですが、とても心地よいんです。
その感覚をずっと実感していたいがためにきっと冬でも素足でいたくなるでしょう。

「せっかくの心地よさなのにスリッパとか、靴下とかはいてるのはもったいない!」
それぐらい、杉の踏み心地は最高なんです。


・暖かい

杉の床はほんのりと暖かいです。
木の繊維と繊維に隙間がたくさんあることで空気層ができるので熱を伝えにくいのです。

熱を伝えにくいだけなので、床暖房みたいに床自体が発熱している温かさはありません。

しかし、普通のフローリングや同じ無垢フローリングでも広葉樹とは明らかに違います。

比べてみると分かりますが、普通のフローリングは人工的な冷たさがありますし、
広葉樹は同じ無垢材ですが、性質上、冷たさを感じやすいです。

杉は柔らかさもある分、暖かいと感じやすくなっています。


いかがでしたか?
無垢フローリングの種類に迷われた際にはぜひ参考にしてくださいね。
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ 資料請求