珪藻土と無垢で建てる子育て充実の自然素材の家-新井建設 工務店-八王子

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市 のブログトップページへ戻る

皆さんは「自然素材の家」を建てられる際、何に注目されますか?
ほとんどの方が一番注目されるのがもちろん、その「素材」ですよね。

「アレルギーを防ぐため」や「自然のぬくもりを味わいたい」
など人によって「素材」の何に注目されるかは人によって様々でしょう。

こんにちは。
八王子市で自然素材を使った気持ち良い注文住宅の設計、
施工に専念している新井建設、代表の新井与四和(あらいよしわ) です。

では、二番目には何を注目されますか?
きっと「費用」ではないでしょうか。



「素材にこだわる分、費用が高くなるんじゃ…」
このような不安によって、「自然素材の家」を建てるのに
躊躇ってしてしまう方もいらっしゃると思います。

そのような方々の不安を拭うために今回は、「自然素材の家」の相場をお伝えします。

まず、一坪当たりの値段から見ていきましょう。
一般的な注文住宅の一坪当たりの工事費の相場は約50万とされています。

それに比べて、自然素材の家の一坪当たりの工事費の相場は約55~60万円です。

このことから、一坪当たり5~10万円程高いことがわかりますね。
「意外と高くないじゃん」なんて思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうです、差額で考えるとバカ高い訳ではないんです。
「無垢の床板は高いですよ~」って言われて、信じ込まされている人が多いと思います。

前回お話ししたように、どこまで自然素材にこだわるか?
この認識が共有化できていないと、金額だけが独り歩きしてしまいます。

自然素材の家を造る場合には
一般の住宅よりも職人さんが手間をかける必要があります。
素材の値段よりも、腕の良い職人さんの技術にお金を払う、という
意識を持っていただきたいと思います。

今回は、「自然素材の家」を建てる際の相場をご説明しました。
健康はお金で買うことはできません。

少々お値段は高いですが、家族の健康を保つためにも、
安心して永く暮らすためにも、良い素材と良い技術が手に入る
自然素材の家を検討されてみてはいかがでしょうか。
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ 資料請求

皆さんは「自然素材の家」と耳にした際、どのような家を思い浮かばれますか?
人によって思い浮かばれる印象はそれぞれだと思います。

こんにちは。
八王子市で自然素材を使った気持ち良い注文住宅の設計、
施工に専念している新井建設、代表の新井与四和(あらいよしわ) です。


これから家を建てられる方で
「自然素材の家を建てたい」と思われている方も多いでしょう。

では、その「自然素材の家」は一体どのような家をイメージされてますか?
私達が思っている「自然素材の家」は業者と同じ認識とは限りません。



「「自然素材の家」を依頼したけど、想像と違う家が建てられた…」

このような事態を防ぐため、
今回は「自然素材の家」を建てられる際に気を付けてほしい事をお伝えします。

まず、一般的な「自然素材の家」とは
「化学物質を含んだ素材が使われないで建てられた家」の事を指します。

きっと、この考えに近いイメージを抱かれていた方もいらっしゃるでしょう。
「みんなの認識はだいたい合っているんなら問題はないでしょ?」
なんて思われるかもしれませんが、問題となるのは専門家の認識です。

一口に「自然」と言っても、その定義は非常に広いですね。

例えば、ホルムアルデヒドを抑えた建築材料(建材)には
「F☆☆☆☆」という表記がされたものがあります。
「これを使えば健康に安心な家です」と説明する営業マンもいます。

でも、お客様は「無垢の木」を望んでいたり・・・

自然素材の家、と言っても床板だけ無垢ならOKという人もいますし
内装全部にこだわりたい、という人もいますよね。

下地の板や断熱にまで、自然由来の材料にしたい、という要望もあるでしょう。

このように人によってその認識や希望が少しずつ異なっているため、
どのような家を建てればいいのか、わからない場合もあるんです。
しっかりと話し合って、お互いの「自然素材の家」に対する認識を一致させましょう。

今回は「自然素材の家」を建てられる際に気を付けてほしい事をお伝えしました。

家はそこで暮らす人の人生に多大な影響を与えます。
自分が望んだ家を建ててもらえるように、時間をかけて業者との認識を合わせましょう。
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ 資料請求

前回の記事では、敷地のゾーニングについてお伝えしました。

建物の位置、日当たりを考えて各設備を配置することが、敷地のゾーニングを行う際に重要となります。

こんにちは。
八王子市で自然素材を使った気持ち良い注文住宅の設計、
施工に専念している新井建設、代表の新井与四和(あらいよしわ) です。


平面では理解しにくいので、パースを使って空間の理解を深めることもできます
(現在設計中のLDK検討用のCADパースです)

敷地のゾーニングは建物内部のゾーニングにも影響を与えるため、
敷地から考えた方が望ましいかもしれません。

敷地のゾーニングが終わったら、建物のゾーニングに移りましょう。
人が過ごす時間が長い分、建物のゾーニングは重要度が高いです。

今回お伝えするポイントを参考に、建物のゾーニングをしていきましょう。
今回は、建物のゾーニングをお伝えします。

まず、建物のゾーニングの際、建物を立体で考えることが重要になります。

建物は立体であるため、上下階のつながりが重要です。

配置の例としては、
リビングの真上には、音が響いてしまう可能性がある子供部屋やトイレを
配置しないことが挙げられます。

最近では、子供の気配、様子が分かるようにと
あえてリビングの上に子供部屋を配置するケースも増えています。


難しく考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、
間取りはそのご家庭の暮らしに大きく影響しますので、
納得いくまで間取りを考えてみましょう。

今回は、建物のゾーニングについてご説明しました。

平面図だと建物を立体で考えるのが難しいかもしれませんね。

図工が得意な人は、ホームセンターなどで材料を買ってきて
小さな模型を作ってみてはいかがでしょうか。

きっと間取りを考える際の大きな助けとなりますよ。
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ 資料請求

皆さんはゾーニングが建物だけでなく、屋外の設備を配置にも役立つことをご存知ですか?

こんにちは。
八王子市で自然素材を使った気持ち良い注文住宅の設計、
施工に専念している新井建設、代表の新井与四和(あらいよしわ) です。



庭を設けられる方は近くに蛇口を設けたり、
物置を設けたりして、庭の手入れが楽にできるようにしたいですよね。

敷地は暮らしに欠かせない要素の一つです。
家を建てる際には敷地も意識しましょう。

今回は、敷地のゾーニングについてお伝えします。

初めに、建物の位置をどこにするかを考えましょう。

「建物なんだから敷地の中心でしょ」と考えられている方もいらっしゃるかもしれませんが、
道路や庭のつながりを意識する必要があります。


車がよく通る道路に接した敷地の際、手前に木などを植えて、
奥の方に建物を置くことで騒音を抑えることができるのです。

次に、日当たりを考えて、他の設備を設けていきましょう。

庭に植物を植えたい方は、庭の日当たりを良くしたいですよね。
日当たりを考えることは、
建物内部のリビングやダイニングなどの部屋の配置を決める際の要素となります。

敷地だけでなく建物にも影響を与える日当たりは時間をかけて考えましょう。

今回は、敷地のゾーニングについてご説明しました。

敷地内の建物の位置、日当たりを意識して敷地のゾーニングを行いましょう。
整ったゾーニングをすることで、ずっと暮らせる家にすることができますよ。
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ 資料請求

前回の記事では、
ゾーニングの際に、家の各空間を3つのゾーンに分けて間取りを考えることをお伝えしました。

こんにちは。
八王子市で自然素材を使った気持ち良い注文住宅の設計、
施工に専念している新井建設、代表の新井与四和(あらいよしわ) です。

見学会の準備

それぞれのゾーンが入り組んでしまうと、
その家での生活に不満を抱えてしまう可能性もあります。

その部屋がどのゾーンに分けられるかを考えてから配置することで、
日々の生活を楽に過ごせるようになるんです。

このように間取りの際には欠かせないゾーニングですが、
実はその定義が崩れつつあることをご存知でしょうか。


それによって、「ゾーニング」に代わり「ゾーンニング」という言葉が現れてきました。
今回は、ゾーンニングについてお伝えします。

まず、「ゾーンニング」という言葉が現れ始めた理由としては、
各部屋がどのゾーンに値するかが従来と変わってきたことが挙げられます。

例えば、今まではサービスゾーンとされてきたキッチンですが、
近年のオープンキッチンを設ける人の増加により、パブリックゾーンだと
みなされるようになってきています。

家族での食事を重視される方にとっては、
キッチンはパブリックゾーンとみなした方が適切かもしれませんね。

また、小さなお子様が遊ぶ部屋をプライベートゾーンではなく、
リビングなどのパブリックゾーンにする人が多い事も挙げられます。

親の目がしっかり届く所でケガをしないように遊んでほしいですからね。

今回は「ゾーンニング」についてご説明しました。

部屋をどのように用いるかで考えるゾーンニング、
ゾーニングと合わせて間取りの際に考えてみてはいかがでしょうか
twitterはじめました。フォローお願いします!

珪藻土と無垢・自然素材の注文住宅|新井建設・八王子市・日野市の{NETITLE}の記事へ家づくりで失敗しないために必要な情報を分かりやすくお伝えしています!
お問合せ 資料請求